日常生活自立支援って何?

次のような時に利用できます。

① 福祉サービス利用のお手伝い

② 日常生活に必要な手続きのお手伝い

③ 日常的なお金の出し入れのお手伝い

④ 大切な書類のお預かり


利用対象者

認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者など判断能力が十分でない方で、日常生活を営むのに必要なサービスを利用するための情報の入手、理解、判断、意思表示を本人のみでは適切に行うことが困難な方が対象となります。ただし、この事業は、契約に基づいてサービスを提供しますので、事業の契約内容について判断し得る能力を有していることが必要です。

詳しくは、大分県社会福祉協議会ホームページでもご覧いただけます。

                 (ここをクリックしてください)

  

      まずは、お気軽にご相談ください(^^)/